埼玉県の中古マンションを地域から探す

売買中古マンション

沿線から探す


埼玉県の中古マンションなら大京穴吹不動産へ。大京穴吹不動産では、こんな中古マンションを買いたいというお客様のご要望に合わせて、間取りや駅からのアクセス、部屋数などの条件から中古マンションを検索できます。川口市、越谷市、さいたま市浦和区などの埼玉県中古マンション情報をお探しの方はこちらをご覧ください。

お探しのエリアで見つからない場合はご相談ください。未掲載物件のご紹介も致します。

マンション情報

「売り出しのお知らせ」「貸し出しのお知らせ」「無料査定」「賃貸運営」の申し込みができます。

その他のマンション情報を見る

埼玉県の地域情報

・概要
日本列島のほぼ中央に位置する埼玉県は、海に面しない内陸県の一つです。一方、荒川や入間川、高麗川など、多くの河川の通る県であり、河川面積の割合が日本で最も多い県という一面を持っています。南部は東京都や千葉県などに面しており、都心のベッドタウンとしての機能を果たしています。一方、北部は山地が広がり、豊かな自然に囲まれているという二面性を持ったエリアになっています。

・埼玉県の由来や歴史
名前の由来は諸説ありますが、行田市にある埼玉(さきたま)古墳群が発祥ではないかとする説があります。漢字は異なりますが、奈良時代にはすでに「前玉・佐吉多万(さきたま)」と呼ばれていたと書かれた文献も存在していることから「さきたま」が「さいたま」の語源であり、長い歴史を持っていることがわかります。

埼玉県の交通アクセス

埼玉県を通る鉄道会社は、ロープウェイを含めると9社あります。東京都、千葉県、神奈川県方面の電車はもちろん、茨城県など北関東方面に向かう電車や、東北・北海道方面まで向かう新幹線など、さまざまな路線があります。埼玉県が発表した2014年のデータによると、県内の駅の中で利用者が多いのは、JR大宮駅や浦和駅、東武東上線和光駅となっています。いずれも複数の鉄道会社が乗り入れている駅や、分岐点になる駅が多い傾向にあるようです。一方、車でのアクセスに目を向けてみると、5つの高速道路と首都高速道路が通っており、電車・車ともに、どこへ行くにも好アクセスな場所といえます。

埼玉県の生活情報

都心に近い南部には、さいたまスーパーアリーナや埼玉県近代美術館、プロ野球場などの施設があり、日々さまざまなイベントが行われています。水族館や動物園など、家族連れでも楽しめるスポットも多く、週末にもなると各所は、多くの人で賑わいます。北部には熊谷スポーツ文化公園や埼玉県立さきたま史跡の博物館など、文化やスポーツ関連の施設が多く設置されています。また、国立公園である秩父多摩甲斐国立公園をはじめ、埼玉県立長瀞玉淀自然公園など、多くの公園があることも、北部エリアの特徴の一つ。また、絶景が美しい長瀞のライン下りなど、自然や文化に触れる楽しみが多く、観光業も盛んなエリアとなっています。

埼玉県の観光スポット

北部には自然や歴史を堪能できる観光地が、南部には音楽や文化などを楽しめる観光地が多いというのが、埼玉県の大きな特徴の一つです。エリアによって異なる観光を楽しめることこそ、埼玉県の観光の大きな魅力といえるのではないでしょうか。ここでは、埼玉県が有する観光地の中から、6つのスポットをご紹介します。

・小江戸の街 川越
江戸時代から、北の要所として栄えてきた川越には、蔵造りの町並みと呼ばれる、歴史ある街の風景が残されています。サツマイモが有名で、町の至る所にサツマイモに関するスイーツやお土産が販売されています。その他にも、古い町並みを活かしたカフェや、昔懐かしい駄菓子屋が軒を連ねる菓子屋横丁など、目だけでなくお腹も満たしてくれる観光地となっています。

・長瀞
秩父地方に位置する地域で、ライン下りや素晴らしい石畳、中国後漢末期に起こった「赤壁の戦い」の舞台に似ていることから名付けられた「秩父赤壁」など、さまざまな観光スポットを有しています。都心から日帰りで楽しめることもあり、週末にもなると多くの人が長瀞の地を訪れます。かき氷の名店が多いためか、夏に観光に訪れる人が多いようです。

・埼玉(さきたま)古墳群
行田市にある古墳群で、大型の前方後円墳などが残されています。特に有名なのが稲荷山古墳です。こちらからは1968年に稲荷山古墳出土鉄剣が出土し、国宝に指定されました。また、三重堀を有する鉄砲山古墳のように、全国的に見ても珍しい古墳も多く見ることができます。現在はさきたま古墳公園として、一帯が整備されており、春には美しい桜並木や梅などを堪能することもできます。

・鉄道博物館
さいたま市大宮区にある博物館で、普段なかなか見ることができないような貴重な車両や、鉄道の歴史などに触れることができます。入場料はかかるものの、敷地が広く、また他では見ることのできない資料も数多く残されていることから、休日になると家族連れや鉄道ファンなど、多くの人が足を運ぶスポットです。古い車両の中に入ることもできるので、お子さんもきっと喜んでくれるはずです。

・羊山公園 芝桜の丘
関東有数の芝桜の名所として知られる観光スポットです。見頃である4月中旬から5月ごろになると、公園一面が濃淡の異なる、美しいピンク色で覆われます。公園内にはテニスコートや特産品を販売しているブースなどもあり、観光地巡りだけでなく、日頃の散歩コースとしてもおすすめです。

・首都圏外郭放水路
埼玉県の地下に、巨大な地下河川があるのをご存知ですか?実は予約をすれば、通称「地下神殿」と言われる調圧水槽部分を1名からでも無料で見学することができます。小学生以上の子どもであれば、参加することができるので、家族連れの観光地としてもおすすめです。