不動産ニュース 不動産に関する最新ニュースをお届けいたします

土地取引状況DI、すべての地域で増加

地価・市況 2017-04-20 00:00:00.0 配信

 国土交通省は20日、「土地取引動向調査」(2017年2月調査)の結果を公表した。
 土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理し、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的に、半期(2・8月期)ごとに調査を行なっているもの。調査対象は、上場企業1,685社、および資本金10億円以上の非上場企業1,750社、うち有効回答社数は1,055社。
 「現在の土地取引状況の判断」(DI:「活発である」−「不活発である」)について、「東京」は前回(16年8月期)に比べ4.1ポイント増加、「大阪」も2.2ポイントの増加、「その他の地域」も1.3ポイント増加し、すべての地域で増加した。
 また、「1年後の土地取引状況の予想」については、「東京」は0.6ポイント増加、「大阪」は4..8ポイント増加、「その他の地域」は0.9ポイント増加した。

情報提供:(株)不動産流通研究所「R.E.port」