賃貸経営の流れ
賃貸に伴うあらゆる活動をサポートいたします。

賃貸のご相談

お手持ちの不動産をどのようなカタチで賃貸するか。契約方式でも、それぞれにメリット・デメリットはあるものです。
それぞれの物件特性、事情などを考慮した上で決めることが重要です。

普通建物賃貸借契約と定期建物賃貸借契約

普通建物賃貸借と定期建物賃貸借の契約の違いとは

普通建物賃貸借と定期建物賃貸借の契約の違いとは

※正当事由とは建物の老朽化により建替えを余儀なくされた場合など、社会通念上やむを得ない事情がある場合に限られます。
●表示内容は2015年3月現在の法令に基づいています。
●賃貸借契約期間中の契約種類の変更はできません。
●定期建物賃貸借契約終了後、貸主さまが当該物件に入居を希望される場合、借主さま退去後の現状回復に要する時間を考慮する必要があります。

ご依頼を受けた後に

賃貸を行う場合、最初に必要となるのは入居者の募集条件設定や設備の点検補修などの専門的な知識です。
弊社ではご依頼を受けた場合、相場に沿った適正な想定賃料やリフォームなどのご提案を行います。

入居者募集

入居者の決定

各種活動により当該物件に入居申込みのあった場合、入居希望者から賃貸借申込書を提出していただき、貸主さまに報告いたします。この際、事前に弊社で審査を行います。

賃貸借契約

弊社が貸主さまの代理として賃貸借契約書類を作成し契約を行います。
貸主さまへの賃貸借契約締結の報告後、契約書類の写し等を送付し、契約金を送金いたします。

契約(入居)期間

契約(入居)が決まり、借主さまの入居期間も、貸主さま・借主さまの双方に満足いただけるように業務を展開いたします。

契約更新

更新時期に際しては貸主さまへ更新依頼書を発送いたします。

賃貸借契約の解約

借主さまからの解約の申し入れを受け次第、すみやかに貸主さまにご連絡のうえ、解約手続きに入ります。

再募集の開始

貸主さまへの退去の報告と共に再募集のご相談を行います。条件が整い次第、募集活動を開始します。

賃貸パートナーズサポート

  • 分譲マンションの一室(戸建て、四国のみ)
  • トータルプラン
  • バリュープラン
  • サブリースプラン
  • アパート、マンションビルなどの一棟
  • プロパティマネジメント

オーナーさま向け情報

  • 大京穴吹不動産のリフォーム
  • 賃貸経営リスク軽減保険

設備機器の修理、解約など

  • 各種連絡先(設備機器の修理・解約)