【不動産豆知識】体の大きさが元になった「尺貫法」

2017-04-06 20:20:59.0

  •  
不動産取引をするときに、「坪」という言葉を聞きます。これは、「尺貫法」という日本の伝統的単位系に基づいた表記で、1坪は約3.3平方メートルになります。普段使い慣れているメートル法とは異なるため、現在では不動産や建築の取引や証明に尺貫法を用いることは、法律で禁じられています。
しかし、長年の慣習から「66平方メートルの一戸建て」というよりも「20坪の一戸建て」などと表現したほうが、感覚的にわかりやすいという方もいます。
そこで今回は、不動産に関する知識を深めるため、尺貫法に関する豆知識をご紹介したいと思います。
 
「尺」の由来とは?
 
「尺」の由来を説明するまえに、「ちょっと」という言葉を思い浮かべてください。「ちょっと」を漢字にすると「一寸」となり、一寸(いっすん)はメートル法に換算すると約3.03cmとなります。この寸は、一尺の10分の1と定義されています。
尺は、手を広げたときの「親指の先から人差し指の先までの長さの2倍」です。物差しで測っていただくとわかりますが、親指の先から人差し指の先までの長さはおよそ15cm。1尺はその倍ですから、約30cmということになります。つまり、10寸=1尺(約30.303cm)となります。つまり尺貫法とは、元々身体尺(人間の体の一部を尺度とした単位)から発しているのです。
 
また、「間(けん)」という単位もあります。1間は6尺となっていますので、約181.818cmとなります。つまり1間は、ほぼ人間の一人分のサイズということがわかります。
そして、1間×1間の正方形のサイズが、畳2帖分となり、これが1坪(1.818m×1.818m?3.3平方メートル)となります。畳のサイズは地域によってさまざまですが、およそ「大人ひとりが寝そべったときに必要とするスペース」と考えられており、その2倍(1間×1間)が1坪に相当します。人間のサイズで考えられる尺貫法は、直感的に建物の広さをイメージする際に役立ちます。
 
およその換算数を覚えておくと便利
 
現在、不動産情報や売買契約書などには土地・建物の面積は平方メートル単位で表記されるようになっています。1坪は約3.3平方メートルなので、平方メートルを坪に変換するには「平方メートル数に0.3(およそ3.3の逆数)を乗じたものが坪数」「坪数に3.3を乗じたものが平方メートル数」と覚えておくと、だいたいの数字が算出できます。しかし、1坪=3.3平方メートルと機械的に換算してしまうと、坪数が大きくなったときに誤差が大きくなりますので、ご注意ください。
 

お問い合わせは総合ご案内窓口本社インフォメーションデスク

売買専用ダイヤル:0120-988-264 受付時間 10:00AM~8:00PM

メールでお問い合わせ

設備機器の修理、解約など

  • 設備機器の修理、解約など

関連サイトのご案内

  • 沖縄に暮らそう 沖縄の中古・賃貸物件情報

取引時確認に関するお客様へのお願い
(PDFファイル:107k)