古い一戸建ては、リフォーム、建て替え、それとも住み替え?

2017-10-31 17:57:13.0

  •  
どんなに丈夫な一戸建てを建てても、時間の経過とともに老朽化が進みます。現在の家に住み続けるのか、それとも新しい一戸建てに住むのか迷われている方も多いのではないでしょうか。今回は、古い一戸建てにおけるリフォーム・建て替え・住み替え、それぞれの選択肢についてご紹介します。
 
 
何を基準に、どうするかを考える

具体的に、何を基準にリフォーム・建て替え・住み替えを考えれば良いのでしょうか。
大きな基準として挙げられるものが、費用です。特に、リフォームと建て替えで悩む方も多いかと思いますが、具体的には以下のような違いがあります
 
《リフォーム》
基礎部分はそのままにした上で、壁紙を変更したり畳からフローリングへの改修を行ったり、設備を新しいものに変える工事を行うこと。30坪程度の一戸建てを全面リフォームする場合、費用は300万円~1,200万円程度です。
 
《建て替え》
建物の基礎部分まで含めて解体工事を行い、新たに家を建てることです。30坪程度の一戸建ての場合、費用は1,400万~3,000万円程度。
元の建物の解体費用や、建て替えが済むまでの仮住まいにかかる費用など、建て替えの費用以外にも諸経費がかかります。
 
《住み替え》
住み替えは新しい土地に家を建てることです。建物の建築に必要な費用だけでなく、土地の購入費用もかかります。
 
 
それぞれのメリットについて考える

《リフォームについて》
リフォームの内容にもよりますが、多くの場合、建て替えと比較すると費用を大幅に抑えることが可能です。
また、リフォームは現状ある家を使用して行うため、建て替えに比べて工期が短いというメリットもあります。
 
《建て替えについて》
愛着のある土地に、新たに一戸建てを建てることができます。また、基礎部分から工事を行うことで、耐震性を確保した安心安全な家づくりが可能です。さらに、家族の人数やライフスタイルを考慮し、自身の考える間取りや動線を実現することもメリットといえます。
 
《住み替えについて》
ライフスタイルや家族構成、交通の便などを総合的に考え、一戸建てやマンションを購入したり、賃貸に移ったりすることができます。
また、売却益で住み替えの予算が足りない場合でも組める住宅ローンがあるほか、売却益で資金をまかなう場合は資金が不要であることもメリットといえます。
 
 
デメリットについて考える

《リフォームについて》
シロアリ被害や傾きの修正、耐震工事、外壁塗装などの大規模な工事を行う場合、建て替えよりもかえって高くついてしまうことがあります。
また、建て替えに比べて自由度が低いため、新たに部屋を作ったり、浴室を広げたりするなどの大規模な間取りの変更が難しい場合もあるでしょう。
 
《建て替えについて》
不動産取得税や固定資産税、都市計画税、登録免許税など諸経費や、解体工事費、建て替え中の仮住まいにかかる費用などが必要です。
また、法規制の変更により、物件購入時よりも建ぺい率が低くなっている場合、今まで住んでいた家より建て替え後の家の方が狭くなることが考えられます。
 
 
《住み替えについて》
戸建ての売却益がほとんど出ないケースや、売却しても住宅ローンの返済が残り、売却損が出てしまうことが考えられます。その他にも、慣れ親しんだ土地を離れる場合、生活するために身の回りの環境をゼロから整える必要性があります。
 
 
おわりに

一戸建てのリフォーム、建て替え、住み替えにおいて、それぞれメリット・デメリットがあります。自分たちの居住空間をより良いものにするためにも、上記を参考にしてみてください。
 

お問い合わせは総合ご案内窓口本社インフォメーションデスク

売買専用ダイヤル:0120-988-264 受付時間 10:00AM~8:00PM

メールでお問い合わせ

設備機器の修理、解約など

  • 各種連絡先(設備機器の修理・解約)
  • 解約・更新の手続きについて

関連サイトのご案内

  • 沖縄に暮らそう 沖縄の中古・賃貸物件情報

取引時確認に関するお客様へのお願い
(PDFファイル:107k)