不動産ニュース

不動産に関する最新ニュースをお届けいたします。

統計

2020/5/7

在宅勤務の困りごと、トップは「音」/リノベる

 リノベる(株)は1日、同居人がいるテレワーカーによる在宅勤務の業務環境等に関する調査結果を発表した。20〜59歳の家族を含む同居人のいるテレワーカーに、webアンケートを実施。調査実施日は4月23日・24日。有効回答数は112。
 「働く場所」については、1位「ローテーブル」(36.6%)、2位「ダイニングテーブル」(35.7%)、3位「ソファ」(30.4%)と、リビング・ダイニングをワークスペースとしている人が上位を占めた。また、ワークスペースを所有する人は約3割だった。
 困っていることは、「家族の声や生活音などの音が気になる」(43.8%)がトップ。2位は「テーブルや椅子のサイズが作業に適していない」(42.9%)、3位は「仕事以外のことが目に入り気になる」(38.4%)という結果となった。
 在宅勤務を行なう上で重視する点、今後改善したい点については、トップが「個室のワークスペース」(46.4%)。以下、2位「作業に適した椅子とテーブル」(42.9%)、3位「コンセントの位置や配線の確保」(33.0%)、4位「テレビ会議で、背景を気にしなくていい場所または内装」(32.2%)となった。
 そうした環境の中、業務に集中するために行なっている工夫としては、「イヤホンなどを活用して音が聞こえないようにした」(33.0%)がトップに。2位は「場所を変える」(28.6%)、3位は「テーブル/椅子に代わるものを見つけて活用」(24.1%)など、すぐにできる小さな工夫に取り組んでいることが分かった。

本社インフォメーションデスク

0120-988-264

受付時間 10:00AM〜7:00PM
年中無休(年末年始除く)

キャンペーン・サービス

リノベーション物件

関連サイト