不動産ニュース

不動産に関する最新ニュースをお届けいたします。

統計

2020/7/14

SDGsへの取り組み、24.4%が積極的

 (株)帝国データバンクは14日、「SDGsに関する企業の意識調査」を発表した。6月17〜30日、全国2万3,681社を対象に調査を実施し、1万1,275社から回答を得た。
 自社におけるSDGsへの理解や取り組みについて尋ねたところ、「意味および重要性を理解し、取り組んでいる」企業は全体の8.0%に。「意味もしくは重要性を理解し、取り組んでいる」(16.4%)と、合わせて企業の24.4%がSDGsに積極的だった。他方で、「言葉は知っていて意味もしくは重要性を理解できるが、取り組んでいない」(32.9%)が3割超となり、「言葉は知っているが意味もしくは重要性を理解できない」(14.8%)も含めると、半数以上が「知りつつも取り組んでいない」状況であることが分かった。
 SDGsの17目標のうち、現在力を入れている項目は、「目標8:働きがいも経済成長も」が27.1%とトップだった。次いで「目標7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに」(15.9%)、「目標12:つくる責任つかう責任」(14.8%)と続いた。また、今後最も取り組みたい項目でも「目標8:働きがいも経済成長も」(14.8%)がトップだった。
 SDGsの達成への貢献によって向上される企業価値としては、「企業好感度」が53.3%(「非常にそう思う」と「ある程度そう思う」の合計)がトップで、社外からの見られ方に好影響があるとの意見が多かった。

本社インフォメーションデスク

0120-988-264

受付時間 10:00AM〜7:00PM
年中無休(年末年始除く)

キャンペーン・サービス

リノベーション物件

関連サイト