不動産ニュース

不動産に関する最新ニュースをお届けいたします。

統計

2021/11/19

東京都心の事務所床平均築年数は26.0年

 東京都はこのほど、土地関係資料集「東京の土地2020」を公表した。東京の土地に関する価格推移や利用状況、各種最新情報を掲載したもの。
 21年1月1日時点の地価は、東京都全体で対前年変動率において、住宅地でマイナス0.6%となり、プラス2.8%だった前年より大幅な下落となった。商業地も前年のプラス7.2%からマイナス1.9%に下落している。
 土地取引件数は8万8,521件(前年比7.5%減)、取引面積は739万5,000平方メートル(同7.4%減)といずれも減少した。このうち、法人が関与した割合は件数が42.6%(同1.5ポイント減)、面積は63.6%(同0.9ポイント減)となった。
 23区内の建物全体の平均築後年数は27.3年となった。そのうち、住宅・アパートは26.9年、住宅・アパート以外は28.4年。拠点等各地周辺の事務所面積の平均築後年数は、都心が26.0年、都心周辺が28.3年、新宿29.6年、渋谷28.3年、池袋36.0年、大崎23.4年、上野・浅草30.0年、錦糸町・亀戸28.5年、臨海19.9年、品川22.4年、秋葉原22.3年となった。

本社インフォメーションデスク

0120-988-264

受付時間 10:00AM〜7:00PM
年中無休(年末年始除く)

キャンペーン・サービス

リノベーション物件

関連サイト