不動産ニュース

不動産に関する最新ニュースをお届けいたします。

統計

2022/1/13

東京都心5区オフィス空室率、2ヵ月連続下降

 三鬼商事(株)は13日、2021年12月の全国主要都市のオフィスビル最新市況調査結果を発表した。
 東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は6.33%(前月比0.02ポイント下降)と、2ヵ月連続で下降した。館内縮小に伴う解約等が見られたものの、中小規模の成約が見られ、空室面積が小幅に減少したことが要因。新築ビルの空室率は13.09%(同0.63ポイント上昇)、既存ビルは6.25%(同0.03ポイント下降)。1坪当たりの平均賃料は2万596円(同90円減)と、17ヵ月連続で下落している。
 一方、大阪ビジネス地区の平均空室率は、4.53%(同0.03ポイント上昇)と5ヵ月連続で上昇した。集約に伴う大型解約の動きがみられたが、館内増床や中小規模の成約があったため、空室面積はわずかな増加にとどまった。新築ビルの空室率は53.33%(同2.27ポイント下降)、既存ビルは4.29%(同0.04ポイント上昇)。1坪当たりの平均賃料は、1万1,796円(同7円減)となった。