大京穴吹不動産が選ばれる理由~賃貸経営に必要な3要素~

弊社では、それぞれの分野のプロフェッショナルが、お客さまの賃貸経営をしっかりとサポートいたします。

1.入居者を素早く募集できる「集客力」

私たちの総合力と多面的なネットワークで広く入居者を募集します。

・Web活用

自社サイト、不動産ポータルサイトで幅広くスピーディに情報を発信。

・仲介会社とのネットワーク

大京穴吹不動産独自の「仲介会社向け情報サイト」を運営、物件情報、空室状況をリアルタイムで更新。

登録仲介会社7,368店

2019年12月31日現在

・集客力

新築分譲部門、管理事業部門など各社からお客さまの紹介があるのも私たちの強みです。

・提携企業とのネットワーク

提携企業にお勤めの方から売買・賃貸のご相談に対応。

2.オーナーさまの安定した家賃収入をお届けする「管理力」

安定した賃貸運営を行っていくには、賃料の徴収から入金の管理、未払い賃料の催促など様々な煩わしさが伴うものです。この煩わしさからオーナーさまを解放する賃貸運営プランをご用意しました。オーナーさまに成り代わって面倒な業務を代行します。

トータルプラン
充実の保証でサポート

設備保証

賃料などの保証

24時間修繕受付

バリュープラン
煩わしさを手厚くサポート

賃料などの保証

24時間修繕受付

サブリースプラン
弊社が借上げサポート

設備保証

賃料などの保証

24時間修繕受付

設備保証

備えて“安心” 充実の保証内容でサポート!!設備保証サービス

「トータルプラン」、「サブリースプラン」をご利用のオーナーさまには、エアコン・ガス給湯器・換気扇など当社の定める設備の修理について、一定額以内をオーナーさまに代わって弊社が費用負担いたします。
これにより、オーナーさまは、突発的な設備故障が発生した場合も修理費用が抑えられるなど、安心して賃貸経営を行っていただけます。

※1賃貸人入居中は何度でも補修可能。設備の交換は対象外です。

  • 契約業務の代行

  • 賃料滞納の保証

  • 幅広い入居者募集活動

  • 24時間の修繕受付・設備保証

  • 賃貸物件の収支報告

  • 更新・退去業務の代行

※更新・退去業務については賃貸運営管理料の他、別途手数料がかかります。
※設備保証は「トータルプラン」・「サブリースプラン」に限ります。

3.大切な資産をあらゆる面からバックアップする「サポート力」

■入居者さまサポート

 ・入居者サービスの提供
 ・修繕要請24時間受付

・入居者サービスの提供

大京穴吹不動産では、入居される方が快適に暮らしていただけるように様々なサービスを行っております。

  • 引越し一括見積もりサービス

  • 「ご入居のしおり」の配布

  • インターネットサポート窓口のご案内

  • インテリア・家具の特別ご優待

・修繕要請24時間受付

修繕要請24時間受付

大京穴吹不動産修理受付センターがオーナーさまに代わって、借主さまからの修繕要請を24時間(年中無休)受付ております。

※夜間や緊急を要する状況が発生した場合に、入居者さまにご迷惑をかけないためにオーナーさまに連絡が取れない状況でも主膳対応を優先させていただく場合があります。3万円以下(別途消費税)の修繕についても同様に修繕を実施させていただく場合があります。

■賃貸中の確定申告をサポート

個人で賃貸経営を行う場合、不動産取得があると確定申告が必要になります。
「確定申告が大変」「有効に節税したい」などのご要望にお応えして、ご希望の方には提携の税理士をご紹介いたします。

■空室になったときにもしっかりサポート

 ・リフォーム
 ・原状回復

・リフォームで資産価値を高める

オーナーさまのご要望に合わせてリフォームのエキスパート「大京穴吹不動産」がスムーズにリフォームできるようお手伝いいたします。間取り変更から設備交換、内装やインテリアまで、具体的なプランをご提案します。またリフォームローンのご紹介もいたします。

・退去時の原状復旧もお任せください。

ご入居者の退去時に、ご入居者さまと弊社指定の内装業者でお部屋の状態を確認します。契約書の定めや原状復旧のガイドラインに基づき、内装リフォームの提案と工事を行い、敷金などを精算いたします。

■賃貸中の売却をサポート

将来弊社にご売却いただくと管理料相当額をキャッシュバックいたします。オーナーさまの安心な賃貸経営をサポートいたします。

安心の理由

大京穴吹不動産は賃貸住宅管理業の登録業者です

賃貸住宅管理業者登録/国土交通大臣(2)第1959号

賃貸管理業

国土交通省の告示による登録制度で、賃貸住宅の管理業務の適正化を図ることを目的としています。

■2020年6月12日 「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が成立
賃貸住宅管理業を営む者について賃貸住宅管理業の登録制度への登録を義務化する「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」が成立しました。
「なぜ登録業者は安心なのか」
  • 管理受託契約時

    管理受託契約時

    オーナーさまが登録業者(管理会社)に委託する管理の内容や、借主さまから預かる家賃の管理方法などを記載した書面を交付し、一定の資格者をしてこれを説明する義務を負います。
    単なる書面の交付のみではなく、専門的知識を有する賃貸不動産経営管理士等により、管理受託契約の具体的な内容についての重要事項を説明させていただくことを通じて、ご不明な点の解消に努めます。

  • 財産の管理方法

    財産の管理方法

    借主さまから預かった賃料・敷金などを、自身の財産と分別して管理する義務を負います。
    また、毎事業年度の終了後一定期間以内に、管理事務や財産の分別管理などの状況を国土交通大臣に報告しなければなりません。
    これにより、登録業者には適切な財産管理が求められるため、オーナーさまと借主さまの財産が守られます。

  • 退去時

    退去時

    賃貸借契約が終了する場合において、借主さまに対して債務の算定書面を交付する義務を負います。
    また、算定書面の説明の求めに応じて、求められた事項を説明しなければなりません。
    これにより、原状回復をめぐるトラブルの防止につながります。

  • その他

    その他

    借主さまに対する、賃貸借契約時に登録業者の登録番号などを記載した書面交付や、賃貸借契約が更新されたときの書面交付などの登録業者に課される義務を通じて、賃貸住宅の管理業務の適正化を図ることを目的としています。

賃貸不動産経営管理士とは…
賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家です。

  • 有資格者234※1
  • 保有率80.8%※2
※1 2020年3月現在※2 賃貸事業に従事する正社員の保有率
「なぜ賃貸不動産経営管理士は安心なのか」
  • 賃貸不動産管理業の業務に必要となる知識は多岐に亘るため(※)、専門的知識をもった賃貸不動産経営管理士が業務を担うことは、適正な管理業の促進とお客さまの安心につながります。

    ※賃貸不動産管理業の業務
    オーナーさまとの賃貸不動産の管理業務を受託する契約に始まり、入居者募集や入居に伴う契約、建物の維持管理・原状回復工事などさまざまな業務のほか、オーナーさまの賃貸経営に関する支援もその業務の一環です。

本社インフォメーションデスク

0120-222-251(本社インフォメーションデスク)

受付時間 10:00AM ~ 7:00PM 水曜日・年末年始

お問い合わせ

本社インフォメーションデスク

0120-222-251

受付時間 10:00AM〜7:00PM
定休日:水曜日・年末年始

キャンペーン・サービス

リノベーション物件

関連サイト