大宮駅の中古マンションの 物件一覧

大宮駅(東北本線)の中古マンションをお探しの方へ。大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。大宮駅(東北本線)の中古マンションの購入情報を提供します。

  • 検索条件

    指定なし

  • 都道府県
    指定なし
  • エリア・駅
    東北本線 大宮

該当件数 21

21件の1~20件目

ご希望の物件が見つからない、どう探せばいいかわからない方は、お気軽に電話やWEBでもご相談可能です。

本社インフォメーションデスク
売買専用ダイヤル

0120-988-264

本社インフォメーションデスク

売買専用ダイヤル

受付時間 10:00AM〜6:30PM 年中無休(年末年始除く)

お問い合わせ
  • 360°動画

    ぐるっと360°動画をネットで確認できます

  • 設備保証

    設備保証・24時間駆けつけサービス

  • インスペクション

    建物状況調査実施済み

周辺駅の売買物件

大宮駅の売買物件をこだわり条件から探す

大宮駅の売買物件(一戸建て・土地)・賃貸物件を探す

マンションデータブック

全国に分譲されている10万棟以上のマンション情報から売り出し中・貸し出し中物件の相場が確認でき、売却や賃貸運営の参考にできます。
また売り出し・貸し出しお知らせの予約、売却査定や賃貸運営などの各種お問い合わせができます。

大宮駅周辺の地域情報

・概要
大宮駅がある埼玉県さいたま市大宮区は、県庁所在地であり政令指定都市でもあるさいたま市の中央部に位置する区です。北は北区、南は浦和区・中央区(一部で桜区)、東は芝川をはさんで見沼区、西は鴨川をはさんで西区に隣接しています。大宮区は大宮台地の支台上に位置し、区の東部は浦和大宮支台、区の西部は与野支台の高台となっており、区の中央部は両支台にはさまれた鴻沼川(地下河川)沿いの低地にひらけた街です。区の中心には、ターミナル駅の大宮駅と、駅を取り巻くように多くの商業地区・オフィス街があり、その周りには住宅地が広がっています。

・由来や歴史
大宮区は、古くから武蔵一宮氷川神社(むさしいちのみやひかわじんじゃ)の門前町として、江戸時代には中山道の大宮宿として栄えました。「大宮」の名前は、氷川神社が「大いなる宮居(みやい)」と呼ばれたことに由来します。
明治時代になって宿場町としての大宮は衰退。しかし、鉄道の上野駅−熊谷駅間(現在の高崎線)から東北本線の分岐点として、1885年に大宮駅が開業し、1894年に大宮工場ができたことから、鉄道の町として発展していくことになります。さらに、1923年の関東大震災をきっかけに、比較的開発が進んでいた浦和や大宮に、東京や横浜から人々が移住し人口が急増。特に、大宮には東京の盆栽業者が盆栽作りに適した土地を求めて集団移転し、大宮盆栽村が形成されました。
そして、第二次世界大戦後の高度成長期以降、都心からの人口流入が進み、市街地が拡大していきます。2001年には浦和市・大宮市・与野市が合併して「さいたま市」が誕生し、2003年にはさいたま市は政令指定都市となりました。その後も人口流入は続き、大宮区はさいたま市の経済や交通の中心地として発展し続けています。

大宮駅周辺の特徴(駅の地域情報)

大宮駅東側は、旧中山道が通り大宮宿があったことから昔から商店街が発達し、大型商業施設、小規模店舗や飲食店が軒を並べています。一方、大宮駅西側は比較的新しくひらけた商業地で、大型商業施設や大型複合ビルなどが目立つエリアです。駅の東側・西側ともに、商店街やオフィス街を抜けると、周辺には住宅地が広がっています。



大宮駅の交通アクセス

ターミナル駅である大宮駅には、JR東北本線(宇都宮線)・高崎線・京浜東北線・埼京線・川越線などのJR在来線のほか、東北新幹線や上越新幹線も停車します。さらに、東武野田線(東武アーバンパークライン)や埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)も乗り入れています。
また、バス網も発達しており、「大宮駅東口」「大宮駅西口」バス停から、大宮区内やさいたま市内、近隣の上尾市などを結ぶ路線バスが発着しています。そのほか、大宮駅前は、東武野田線の岩槻駅(岩槻区)・春日部駅(春日部市)、ニューシャトルの伊奈中央駅・内宿駅(北足立郡)、JR高崎線の上尾駅(上尾市)・鴻巣駅(鴻巣市)方面への深夜バスの出発点です。また、池袋駅(東京都豊島区)を出発して、浦和駅(浦和区)を経由する深夜バスの終着点でもあります。さらに、羽田空港・成田空港へ向かう空港バスや、東北地方・関西地方などへ向かう深夜高速バスもあります。


大宮駅の生活情報

大宮駅には駅ビルや駅ナカ商業施設があるほか、駅周辺にはショッピングセンターやデパート、スーパーやディスカウントストアなどが充実しており、日常生活に不自由しません。また、駅のすぐ東側には旧中山道(県道164号)が、駅の西側には中山道(国道17号)が、JR東北本線と並行して走っており、両道路沿いにもショッピングセンターや衣料品店、ドラッグストアや飲食店などがあります。
行政施設の点では、駅の東側に区役所が、駅の西口には区役所の出張所があり、届け出や諸手続きの際には便利です。また、大宮駅周辺には文化施設も充実しており、市立図書館、市立博物館、県立博物館、鉄道博物館、大宮公園小動物園など、気軽に楽しめるスポットがあります。
子育ての面では、乳幼児向けののびのびルームや子育て支援センター、幅広い年齢層の子供たちが利用できる児童センターが利用可能です。

大宮駅の観光スポット

古くから氷川神社の門前町として栄えた大宮には、氷川神社をはじめとして、縄文時代の貝塚や古墳時代の遺跡など、歴史を感じさせる観光スポットが数多くあります。ここでは、大宮の顔である氷川神社と大宮公園についてご紹介します。

・氷川神社(ひかわじんじゃ)
氷川神社の正式名は「武蔵一宮氷川神社」といい、2000年以上の歴史を持つといわれ、東京都や埼玉県近辺に数多くある「氷川神社」の総本社です。初詣、4月上旬の「鎮花祭」、5月の「大宮薪能」、8月の例大祭、12月の「十日市」といった季節ごとの祭事は、毎年多くの参拝者でにぎわいます。また、氷川神社の名物のひとつが、旧中山道の一の鳥居から二の鳥居を経て三の鳥居まで続く氷川参道です。ケヤキの並木道が続く参道沿いには、塩地蔵尊や浅間神社、石灯籠など由緒ある見どころが点在しています。

・大宮公園
大宮公園は氷川神社に隣接する広大な県立公園です。明治時代初期の上知令により、国有化された氷川神社の旧所領をもとに1885年に開園しました。その後、整備・拡張が進められ、野球場、サッカー場、体育館、博物館、小動物園、児童遊園地などを擁する大公園になりました。なお、2002年の日韓ワールドカップの際には、公園内のサッカー場が練習用グラウンドとして使用され、更衣室となった会議室の壁一面にブラジル代表メンバーのサインが書き残されています。また、大宮公園は桜の名所として知られ、春には花見客でにぎわいます。

大宮駅(東北本線)でご希望の中古マンションは見つかりましたか?大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。あなたのライフスタイルにあった大宮駅(東北本線)の中古マンションの購入情報を提供します。

なお、賃貸物件をお探しの方は不動産賃貸のページをご覧ください。