不動産ニュース 不動産に関する最新ニュースをお届けいたします

瑕疵担保の資力確保、宅建業者の97%が保険を選択

行政・団体 2018-08-09 00:00:00.0 配信

 国土交通省は9日、住宅瑕疵担保履行法に基づく資力確保措置について、2018年3月31日時点の実施状況を公表した。
 17年10月1日〜18年3月31日に引き渡しがあった新築住宅は49万6,378戸。内訳は、建設会社(2万1,208事業者)が34万4,829戸、宅地建物取引業者(5,880事業者)が15万1,549戸。
 建設会社が引き渡した新築住宅のうち、保証金を供託したのは16万7,662戸(全体の48.6%)。保険加入を選択したのは17万7,167戸(同51.4%)。そのうち、供託をのみを選択した事業者は115事業者(同0.5%)、保険加入のみが2万1,052事業者(同99.3%)、供託と保険の併用が41事業者(同0.2%)だった。
 宅建事業者が引き渡した新築住宅では、供託は7万2,021戸(同47.5%)、保険加入は7万9,528戸(同52.5%)。供託のみは97事業者(同1.6%)、保険加入は5,752事業者(同97.8%)、供託と保険の併用は31事業者(同0.5%)。

情報提供:(株)不動産流通研究所「R.E.port」