不動産ニュース 不動産に関する最新ニュースをお届けいたします

景気DI、4ヵ月ぶりに改善/TDB

地価・市況 2018-12-05 00:00:00.0 配信

 (株)帝国データバンク(TDB)は5日、2018年11月の「TDB景気動向調査」結果を発表した。調査対象は2万3,052社、有効回答は9,746社。
 同月の景気動向指数(景気DI:0〜100、50が判断の分かれ目)は49.5(前月比0.5ポイント増)で、4ヵ月ぶりに改善した。戸建住宅の着工戸数が増加したほか、再開発や東京オリンピック、災害からの復旧・復興に向けた工事量も増加等し、プラス材料となった。
 業種別にみると、10業界中7業界が悪化。「不動産」は49.3(同変動なし)。「建設」は53.9(同0.5ポイント増)と2ヵ月ぶりに改善し、5ヵ月連続で10業種中1位となった。
 企業規模別では、「中小企業」が49.0(同0.6ポイント増)、「小規模企業」が48.2(同0.3ポイント増)といずれも3ヵ月ぶりに改善。「大企業」は51.4(同変動なし)と2ヵ月連続で横ばいとなった。中小企業の改善は、「建設」の影響が、建材関連の製造・卸売に波及したことによる。

情報提供:(株)不動産流通研究所「R.E.port」