不動産ニュース 不動産に関する最新ニュースをお届けいたします

既存マンション価格天気図、全国的に弱含み

地価・市況 2019年05月30日 配信

 (株)東京カンテイは30日、2019年4月度の「中古(既存)マンション価格天気図」を発表した。全国47都道府県のファミリータイプの既存マンションの流通価格を70平方メートルに換算・集計。その価格変動を上昇傾向は「晴」、下落傾向は「雨」などの天気マークで表現した。
 同月は「晴」が22地域(前月24地域)に減少。「雨」は3地域(同2地域)、「曇」は10地域(同5地域)にそれぞれ増加。「小雨」は2地域(同5地域)、「薄日」は10地域(同11地域)といずれも減少した。
 全国で天候が改善したのは7地域(同17地域)と大幅に減少。横ばいは29地域(同23地域)、悪化11地域(同7地域)にそれぞれ増加。
 47都道府県のうち前月比価格が下落した地域数は13から26地域に倍増。前月の強含みから一転し、全国的に弱含みの地域が目立つ結果となった。三大都市圏や地方中枢4都市においても軒並み価格が下落した。

情報提供:(株)不動産流通研究所「R.E.port」