不動産ニュース

不動産に関する最新ニュースをお届けいたします。

統計

2020/6/23

一人暮らしの社会人、約4割がミニマリスト志向

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は23日、「“一人暮らしの社会人が幸せに暮らすために必要な住まいの条件”調査2020」結果を発表した。調査対象は、全国の20歳代の社会人男女414人。
 一人暮らしの社会人が幸せに生活するために最低限必要だと思う間取りを聞いたところ、「1K」が40.6%でトップに。最低限必要な家の広さ(延床面積)は、半数以上が「20平方メートル以下」と回答、中でも26.9%が「15平方メートル以下」と答えた。最低限許容できると思う入居時の築年数は、平均で18.6年。
 最低限許容できると思う最寄り駅までの徒歩分数は、平均で13.9分。片道の通勤時間については平均で38.0分だったが、「60分以内まで許容できる」人が31.1%で最多だったことから、片道の通勤時間は条件を緩めても良いポイントであると分析した。
 また、最低限必要なものしか持たない生活をする「ミニマリスト」であるかを聞いたところ、24.4%と約4人に1人が「はい」と回答。ミニマリストになりたいかという問いには、38.9%と約4割が「はい」と答えた。同社では、「なるべくモノを持たないミニマルな暮らしに今後注目が集まる」と予測している。

本社インフォメーションデスク

0120-988-264

受付時間 10:00AM〜7:00PM
年中無休(年末年始除く)

キャンペーン・サービス

リノベーション物件

関連サイト