不動産ニュース

不動産に関する最新ニュースをお届けいたします。

その他

2021/6/2

20歳代一人暮らし、家賃も部屋の広さもアップ

 (株)リクルートは2日、「関東在住20代社会人シングル男女の一人暮らしデータ2021」の結果を発表した。2月22〜24日、関東地方1都6県在住の20歳代シングルで賃貸住宅に一人暮らしする男女を対象に、インターネットで実施。有効回答数は206名。
 現在住んでいる部屋の家賃は、「6万円台」(21.4%)が最多となった。2位は「7万円台」(18.9%)で、「6万〜7万円台」が4割以上を占めた。前回調査(17年)では「5万〜6万円台」で全体の半数近くを占めており、前回と比べると家賃が少し高くなっていることが分かった。
 「部屋の広さ」については、最も多いボリュームゾーンは「〜18平方メートル」(30.6%)で、3割以上を占めた。次いで「〜20平方メートル」(15.0%)、「〜25平方メートル」(13.1%)、「〜23平方メートル」(11.2%)となり、合計すると「25平方メートルまで」の部屋に住んでいる人が全体の約7割となった。前回調査では「〜25平方メートル」までの層が少なかったが、今回は増加しており、4年間で家賃も広さもアップしている傾向が明らかとなった。
 部屋探しで重視する条件については、「家賃」(80.6%)と断トツで多く、男女差はあるものの、8割以上が重視していた。また女性は、「セキュリティ」(32.0%)を特に重視しており、男性の3倍以上となった。立地・周辺環境では、全体では「駅の近さ」(40.3%)が4割以上と最多。次いで「学校・バイト先・勤務先への通いやすさ」(38.8%)が4割近くとなった。男女別に見ると、女性は「駅の近さ」と「治安のよさ」(32.5%)が同率1位と、セキュリティ面に対する、男女のこだわりの違いが明らかとなった。
 また今回は、リモートワークの実施状況についても調査した。リモートワークをしている人は43.7%。最も多かったのが「週5日以上」(12.6%)と、部屋探しでは、リモートワークのしやすい環境を重視する傾向が増えてくることが予想される。リモートワークで困っていることについては、1位が「運動不足になった」(54.4%)。次いで「オンオフをつけづらい」(47.8%)、「人との会話がなく寂しい」(24.4%)が続いた。

本社インフォメーションデスク

0120-988-264

受付時間 10:00AM〜7:00PM
年中無休(年末年始除く)

キャンペーン・サービス

リノベーション物件

関連サイト