不動産ニュース

不動産に関する最新ニュースをお届けいたします。

融資・ローン

2021/10/12

借り換え後の金利タイプ、「変動型」が50.2%

 (独)住宅金融支援機構は、「2020年度 住宅ローン借換えの実態調査」結果を発表した。
 20年4月〜21年3月に住宅ローンの借り換えをした1,000人を対象に、インターネットでアンケート調査を実施。調査期間は21年4月26日〜5月5日。
 借り換え後の金利タイプを時系列でみると、「変動型」が引き続き増加し50.2%だった。「固定期間選択型」も前回調査から増加し41.5%。「全期間固定型」は8.3%に減少した。借り換え前の構成比は変動型が40.8%、固定期間選択型が45.0%、全期間固定型が14.2%。
 金利タイプ別の借り換え理由は、すべての金利タイプにおいて「金利が低くなるから」(構成比:変動型60.2%、固定期間選択型48.0%、全期間固定型50.6%)がトップ。次いで「返済額が少なくなるから」(同36.3%、同28.7%、同31.3%)となった。なお、固定期間選択型および全期間固定型では「今後の金利上昇や毎月の返済額増加が不安になったから」が変動型よりも高くなった。
 借り換えによる毎月返済額の減少分の使途は、「生活費」(同50.3%、同34.1%、同50.0%)、「教育費」(同22.7%、同21.5%、同17.4%)が多かった。全期間固定型では「貯蓄(住宅リフォームの資金以外)」の割合も高い結果に。

本社インフォメーションデスク

0120-988-264

受付時間 10:00AM〜7:00PM
年中無休(年末年始除く)

キャンペーン・サービス

リノベーション物件

関連サイト