不動産ニュース

不動産に関する最新ニュースをお届けいたします。

統計

2021/10/12

全国のビルストック、東京区部が63%を占める

 (一財)日本不動産研究所(JREI)は12日、2021年1月時点の「全国オフィスビル調査」結果を発表した。調査対象は、全国87都市における延床面積3,000平方メートル以上のオフィスビル。
 オフィスビルストックは、全都市合計で1億3,178万平方メートル(1万572棟)となった。このうち、新築オフィスビルは225万平方メートル(64棟)、20年の取り壊しは67万平方メートル(81棟)だった。そのうち東京都区部が63%を占めた。
 新耐震基準(1981年)以前に竣工したオフィスビルストックは、全都市計で3,122万平方メートル(2,947棟)とストック全体の24%を占めた。都市別にみると、福岡(40%)、札幌(36%)、京都(35%)、広島(31%)、大阪(30%)、地方都市(30%)で割合が高かった。
 規模別ストック量をみると、10万平方メートル以上のビルが東京区部で26%と突出。逆に5,000平方メートル未満は地方都市が22%と最も高かった。築年数別では、築10年未満のビルが三大都市では10%を超えており、主要都市・地方都市より築浅のビルの割合が大きい。また、築40年以上のビルの割合は、建て替えが進んでいる東京区部では19%と他の都市に比べて少なかった。
 今後3年間(2021〜23年)のオフィスビルの竣工予定は437万平方メートル(148棟)で、そのうち東京区部が63%を占める。

本社インフォメーションデスク

0120-988-264

受付時間 10:00AM〜7:00PM
年中無休(年末年始除く)

キャンペーン・サービス

リノベーション物件

関連サイト