不動産ニュース 不動産に関する最新ニュースをお届けいたします

17年下期の首都圏M完成物件、過半数が都区部

売買 2018-06-11 00:00:00.0 配信

 (株)不動産経済研究所は11日、2017年下半期(7〜12月)の首都圏マンション完成物件動向を発表した。首都圏1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)における17年下半期の完成物件をまとめたもので、17年12月以前に発売した物件に限定して集計している。
 下半期の完成物件数は167物件、総戸数は1万5,643戸。16年下半期(16年12月以前に発売された物件のみを集計)の171物件・1万8,123戸に比べ、物件数では4物件(2.3%)、戸数では2,480戸(同13.7%)下回った。
 エリア別では、都区部99物件・8,550戸(前年同期99物件・8,397戸)、都下14物件・986戸(同15物件・2,094戸)、神奈川県26物件・3,880戸(同31物件・3,518戸)、埼玉県13物件・908戸(同13物件・1,769戸)、千葉県15物件・1,319戸(同13物件・2,345戸)。都区部のシェアが物件数59.3%、戸数54.7%と、いずれも50%台の高シェアを占めた。
 各エリアの完成物件を駅徒歩分数別にみると、都区部は駅徒歩5分以内の戸数が3,943戸でシェア46.1%、徒歩6〜10分は戸数3,808戸でシェア44.5%、駅徒歩11分以上は戸数799戸でシェア9.3%。駅徒歩5分以内の戸数シェアが最も低かったのは神奈川県で、815戸・21.0%にとどまっている。
 18年上半期は、200物件・1万8,000戸以上が完成する見込み。

情報提供:(株)不動産流通研究所「R.E.port」