荻窪駅の中古マンションの 物件一覧

荻窪駅(総武・中央緩行線)の中古マンションをお探しの方へ。大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。荻窪駅(総武・中央緩行線)の中古マンションの購入情報を提供します。

該当件数 17

ご希望の物件が見つからない、どう探せばいいかわからない方は、お気軽に電話やWEBでもご相談可能です。

本社インフォメーションデスク
売買専用ダイヤル

0120-988-264

本社インフォメーションデスク

売買専用ダイヤル

受付時間 10:00AM〜7:00PM 年中無休(年末年始除く)

お問い合わせ
  • 360°動画

    ぐるっと360°動画をネットで確認できます

  • 設備保証

    設備保証・24時間駆けつけサービス

  • インスペクション

    建物状況調査実施済み

周辺駅の物件

荻窪駅の一戸建て・土地・賃貸物件を探す

マンションデータブック

全国に分譲されている110,000件以上のマンション情報から売り出し中・貸し出し中物件の相場が確認でき、売却や賃貸運営の参考にできます。
また売り出し・貸し出しお知らせの予約、売却査定や賃貸運営などの各種お問い合わせができます。

荻窪駅(総武・中央緩行線)でご希望の中古マンションは見つかりましたか?大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。あなたのライフスタイルにあった荻窪駅(総武・中央緩行線)の中古マンションの購入情報を提供します。

荻窪駅周辺の地域情報

・概要
荻窪駅がある杉並区は、東京23区の西側に位置し、自然にめぐまれた閑静な住宅地として発展してきました。杉並区と南の世田谷区との境界線には甲州街道(国道20号)が通り、区の真ん中を走るJR中央線が杉並区を南北に分けています。

・杉並の由来や歴史
「杉並」の名の由来は、江戸時代の初め、成宗村と田端村の領主をしていた岡部氏が、領地の境界のしるしとして、青梅街道沿いに杉並木を植えていたことからきています。杉並区は、もともとは武蔵国多摩郡に属しており、江戸近郊の農村地帯でした。1923年の関東大震災以降、文化人や学者をはじめ多くの市民が都心部から移り住み人口が急増、1932年に東京市に編入され杉並区が誕生します。その後、杉並区は高度成長とともに都心のベッドタウンとして発展してきました。

荻窪駅周辺の地域情報

荻窪駅には駅ビル、駅前にはショッピングセンターやスーパー、飲食店や各種サービスショップがあり、周辺には住宅地が広がっています。さらに、荻窪駅周辺、駅のすぐ北を通る青梅街道沿いには複数の地元商店街が発達し、住民の生活を便利にしています。なお、有名な「荻窪ラーメン」は荻窪駅周辺のラーメン店で食べることができる醤油味ラーメンのことです。

荻窪駅周辺の交通アクセス

荻窪駅にはJR中央線と東京メトロ丸の内線が乗り入れています。JR中央線快速が荻窪駅で停車するため、新宿駅までの通勤に便利です。また、杉並区内を並行して走る西武新宿線や京王井の頭線、京王線の主要駅へは、荻窪駅前から路線バスが運行しています。

荻窪駅周辺の生活情報

荻窪駅の周辺や青梅街道などの生活道路沿いには数多くの商業施設があるため、日常的な買い物に便利です。また、駅北口周辺に区役所の出張所があり、各種手続きを行うことができます。そのほか、荻窪駅周辺には、図書館、児童館、保健センター、救急医療機関など区の施設が充実しています。

荻窪駅周辺の観光スポット

自然にめぐまれ多くの文化人に愛された荻窪駅周辺には、角川庭園や与謝野公園といった文化人ゆかりの観光スポットや自然豊かな見どころが数多くあり、心地よい散策コースになっています。ここでは、荻窪駅から歩いて行けるおすすめの観光スポットを5つご紹介します。

・角川庭園
角川庭園は俳人で角川書店創設者の角川源義(げんよし)の旧邸宅を整備した公園です。数寄屋造りの旧邸宅は国の登録有形文化財に登録されています。旧応接間では角川源義の俳句や写真、所蔵品が展示され、茶室や詩歌室は、茶会や句会、各種会合などに貸し出されています。また、庭園には多くの草花と、武蔵野の雑木林を思わせる木々が植えられ、庭園内の水琴窟は「つくばい」から水を流すとよい音色がすることで有名です。

・大田黒公園
音楽評論家の大田黒元雄(おおたぐろもとお)の屋敷跡を整備したのが大田黒公園です。茶室がある回遊式日本庭園では四季折々の風景を楽しむことができ、紅葉の時期には開園時間が延長され、毎年園内がライトアップされます。また、大田黒元雄の仕事部屋だったレンガ造りの記念館や蔵が保存されています。

・与謝野公園
与謝野公園は、与謝野鉄幹と与謝野晶子が、関東大震災をきっかけに翌1924年に移り住み、晩年を過ごした家があったところです。もともとは「南荻窪中央公園」という名前でしたが、与謝野夫妻ゆかりの地として再整備され、2012年に「与謝野公園」として再開園しました。公園は与謝野邸の庭を訪れるようなイメージで整備されており、入口の門を入ると玄関があった場所へと小道が設けられ、歌碑と説明板が建っています。

・天沼八幡神社
天沼八幡神社は、誉田別命(ほむたわけのみこと。第15代応神天皇)と市杵島姫命(いちきしまひめのみこと。日本神話の水の神)を祀る神社です。創建は天正年間(1573〜1591年)、武勇の守護神として誉田別命を勧請したのが始まりとされています。旧天沼村字中谷戸の鎮守で、1907年に四面道の弁天社(市杵島姫命)を合祀しています。社殿の右側には大鳥神社があり、毎年11月には酉の市が開かれることで有名です。近くの天沼弁天池公園はもともと天沼八幡神社の敷地でした。

・杉並アニメーションミュージアム
日本のアニメは世界で高く評価されている日本文化のひとつです。杉並区にはアニメ制作関連会社があり、アニメ制作産業集積地となっています。杉並アニメーションミュージアムは、日本のアニメを総合的に学び体験する区の施設として2005年にオープンしました。杉並アニメーションミュージアムには、アニメの歴史やアニメの制作過程などの展示だけでなく、名作アニメを見ることができるアニメシアターやアニメライブラリーがあります。また、アニメ制作を体験できるワークショックも開催されています。