亀戸駅の中古マンションの 物件一覧

亀戸駅(総武・中央緩行線)の中古マンションをお探しの方へ。大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。亀戸駅(総武・中央緩行線)の中古マンションの購入情報を提供します。

該当件数 19

ご希望の物件が見つからない、どう探せばいいかわからない方は、お気軽に電話やWEBでもご相談可能です。

本社インフォメーションデスク
売買専用ダイヤル

0120-988-264

本社インフォメーションデスク

売買専用ダイヤル

受付時間 10:00AM〜7:00PM 年中無休(年末年始除く)

お問い合わせ
  • 360°動画

    ぐるっと360°動画をネットで確認できます

  • 設備保証

    設備保証・24時間駆けつけサービス

  • インスペクション

    建物状況調査実施済み

周辺駅の物件

亀戸駅の一戸建て・土地・賃貸物件を探す

マンションデータブック

全国に分譲されている110,000件以上のマンション情報から売り出し中・貸し出し中物件の相場が確認でき、売却や賃貸運営の参考にできます。
また売り出し・貸し出しお知らせの予約、売却査定や賃貸運営などの各種お問い合わせができます。

亀戸駅(総武・中央緩行線)でご希望の中古マンションは見つかりましたか?大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。あなたのライフスタイルにあった亀戸駅(総武・中央緩行線)の中古マンションの購入情報を提供します。

亀戸駅周辺の地域情報

・概要
亀戸駅がある江東区は、東京23区の東部に位置し、西を隅田川、東を荒川にはさまれ、南は東京湾に面している区です。北は墨田区、西は隅田川をはさんで中央区、東は荒川をはさんで江東区に隣接しており、南の臨海エリアを通じて港区や品川区と接しています。江東区は区内を縦横に川や運河が走っており、横十間川を境に、亀戸駅がある東の城東地区、西の深川地区、そして南部の臨海地区の大きく3つの地区に分かれています。城東地区・深川地区は古くからの住宅地かつ商業・工業地域として、臨海地区は近代的な建築物が立ち並ぶビジネスとエンターテインメント地域として発展してきました。

・由来や歴史
「江東」の区名は、「江」は深川、「東」は隅田川の東という意味と城東(江戸城の東側)という意味を含んでおり、1947年の深川区と城東区の合併のときに名づけられました。江東区は江戸時代初期以降の埋め立てとともに発展した地域です。慶長年間(1596年〜1615年)に森下周辺が開拓され深川村が誕生、1659年に宝六島周辺が開拓され砂村新田が誕生します。さらに、開発が進んだ深川地区は武家屋敷や社寺が移転して江戸の市街地に編入され、城東地区は江戸に隣接する農業地帯として、江戸市中に野菜を供給することで繁栄しました。江戸時代の江東区の有名人としては、日本で初めて正確な全国地図を作った伊能忠敬がいます。50歳で江戸に出てきた忠敬は、現在の門前仲町1丁目に居をかまえて天体観測や測量を学び、5年後の1800年に16年におよぶ測量の旅に出発しました。明治時代以降、江東区は広い土地と水運を活用して、東京の工業地域へ発展を遂げます。また、現在、亀戸駅周辺は、隣接する墨田区の錦糸町駅周辺とともに、東京都から「錦糸町・亀戸副都心」に指定され、さらなる発展が期待されています。

亀戸駅の地域情報

亀戸駅には駅ビルがあり、北口側・東口側にスーパーマーケットやディスカウントストア、地元商店街や多くの飲食店があります。特に、亀戸天神社や亀戸香取神社への門前町があった北口方面は、元気な地元商店街が並ぶ賑わいなエリアです。また、亀戸名物の亀戸餃子・亀戸ホルモンの店も北口側に多く、亀戸グルメを楽しむことができます。

亀戸駅の交通アクセス

亀戸駅にはJR総武線と東武亀戸線の2社2路線が乗り入れています。総武線で秋葉原駅まで10分弱、新宿駅まで30分弱と、東京方面へも新宿方面へも通勤・通学に便利です。また、東武亀戸線は終点の曳舟駅で東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)に乗り換えができるため、埼玉県や群馬県など郊外への移動にも利用できます。また、亀戸駅の南約1キロメートルには都営地下鉄西大島駅があり、都営新宿線が(新線)新宿駅経由で京王新線へ直通運転しています。したがって、住む場所によっては、亀戸駅と西大島駅で3路線の利用が可能です。

さらに、亀戸駅周辺からは、江東区内や西隣の墨田区や東隣の江東区などへのバス路線が発達しています。亀戸駅北口に面した「亀戸駅前」バス停からは、江東区東部や南部を経由して、南砂駅・東大島駅・東陽町駅、江東区の西葛西駅などへ向かうバスがあります。亀戸駅南の京葉道路と明治通りの交差点周辺にある「亀戸駅通り」バス停からは、江東区内を経由して、新木場駅や東大島駅、墨田区の錦糸町駅や両国駅、江戸川区の葛西駅や西葛西駅、小岩駅などへ行くバスが運行。亀戸駅東口に近い「水神森」バス停からは、区内を経由して東陽町駅、墨田区の錦糸町駅や両国駅、江戸川区の葛西駅や小岩駅などへ向かうバスがあります。

亀戸駅の生活情報

亀戸駅の周辺には、駅ビルのほか、スーパーマーケットやディスカウントストア、複数の地元商店街があり、普段の買い物に困ることはありません。公共・行政サービスの点では、亀戸駅北口近くのコミュニティビルの中に次のようなサービスがあり、いろいろな手続きができるほか、困ったときの相談窓口になります。
・区役所出張所
・子育て支援フリースペース
・文化センター
・労働基準監督署
・労働相談センター
・しごとセンター
・商工情報センター

さらに、亀戸駅北口近くの児童館は、学童クラブを提供しているだけでなく、乳幼児〜中学生向けのフリースペースとなっており便利です。また、亀戸駅東口から1キロメートル強のところには、京葉道路に面して図書館があります。

亀戸駅の観光スポット

亀戸駅周辺には、亀戸天神社をはじめとして数多くの神社や寺院があり、亀戸七福神めぐりなどの散策コースもあります。これら多くの神社仏閣の中から、文武のご利益が期待できる神社を2つご紹介します。

・亀戸天神社
亀戸天神社は、学問の神様として知られている菅原道真を祀る神社で、湯島天満宮、谷保天満宮と並ぶ関東三大天神の一つです。受験シーズンになると合格祈願をする参拝者が数多く訪れます。なお、神社では入学試験だけでなく、就職試験や資格試験などの合格祈願も受け付けています。また、亀戸天神社は藤の花の名所としても有名です。

・亀戸香取神社
亀戸香取神社は、武勇の神・経津主神(ふつぬしのかみ)を祀る神社です。665年に中臣鎌足が東国下向の際、千葉県の香取神宮から香取大神を勧請し太刀を納めたことが、亀戸香取神社の始まりとされています。940年に俵藤太(藤原)秀郷が平将門の乱での戦勝を祈願して弓矢を奉納した故事にちなんで、毎年5月5日には「勝矢祭」が行われています。そのため、亀戸香取神社はかつては武道の神として、現在ではスポーツの神として親しまれています。