白金高輪駅の中古マンションの 物件一覧

白金高輪駅(東京都三田線)の中古マンションをお探しの方へ。大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。白金高輪駅(東京都三田線)の中古マンションの購入情報を提供します。

該当件数 18

ご希望の物件が見つからない、どう探せばいいかわからない方は、お気軽に電話やWEBでもご相談可能です。

本社インフォメーションデスク
売買専用ダイヤル

0120-988-264

本社インフォメーションデスク

売買専用ダイヤル

受付時間 10:00AM〜7:00PM 年中無休(年末年始除く)

お問い合わせ
  • 360°動画

    ぐるっと360°動画をネットで確認できます

  • 設備保証

    設備保証・24時間駆けつけサービス

  • インスペクション

    建物状況調査実施済み

周辺駅の物件

白金高輪駅の一戸建て・土地・賃貸物件を探す

マンションデータブック

全国に分譲されている110,000件以上のマンション情報から売り出し中・貸し出し中物件の相場が確認でき、売却や賃貸運営の参考にできます。
また売り出し・貸し出しお知らせの予約、売却査定や賃貸運営などの各種お問い合わせができます。

白金高輪駅(東京都三田線)でご希望の中古マンションは見つかりましたか?大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。あなたのライフスタイルにあった白金高輪駅(東京都三田線)の中古マンションの購入情報を提供します。

白金高輪の地域情報

・概要
白金高輪駅のある港区は、東京23区のうちやや南東部に位置しています。中央区と千代田区、新宿区に北で接し、西で渋谷区、東で江東区、南側は品川区と接し、港区の北西エリアは武蔵野台地の末端の高台になっています。また、港区の東側は東京湾岸の低地や芝浦地区の埋め立て地が広がり、高台のあるエリアとの高低差のある起伏が大きく、東京23区内では珍しい地形です。区内には90以上の坂を有し、区の中央には古川という川が流れています。
区内は、新橋、浜松町などを含む芝地区、六本木や麻布十番などのある麻布地区、青山を含む赤坂地区、高輪などが含まれる高輪地区、お台場のある芝浦港南地区の5つの地区に分けられます。どの地区にも多くの商業地域や高級住宅地などが含まれているのが特徴です。

・由来や歴史
白金高輪駅のある港区には、相模と江戸を結ぶ厚木街道(大山道)や、東海道が通っていました。特に、新橋から高輪に抜ける東海道中で江戸の玄関口としての役目を果たす大木戸が現在の高輪にあり、今も当時の石塁が残っています。厚木街道(大山道)は現在の青山通りで、東海道と同様に港区内を通り、その両側に江戸幕府の重臣として知られる青山家の屋敷が広がっていました。
そのほか、港区内でも芝浦地区は江戸時代にはまだ干潟でその土地すらなく、漁村であったとされています。明治になると新橋から横浜間に鉄道が開通し、芝浦地区は海水浴や潮干狩りを楽しむ行楽地として注目されます。その後、明治時代後期より始まった埋め立てにより、徐々に現在の芝浦地区の姿へと変わっていきます。
昭和になり、旧芝、麻布、赤坂の3つの区が統合されて港区ができました。当初「東港区」という名称が選定されましたが、「東京都東港区」では音が重なって語呂が悪いため、名前が改められ今の港区が誕生します。港区という名前は、東京港の発展を願い付けられたものです。

白金高輪の特徴

白金高輪駅周辺には、多くの商業施設やオフィス、飲食店、量販店やスーパーなどが多く集まっており、商店街もあります。大学をはじめとする教育施設が多いため、学生街としての顔を持っている地域でもあります。

白金高輪の交通アクセス

白金高輪駅は東京メトロ南北線と都営地下鉄三田線が乗り入れている駅です。この2線は相互運転で白金高輪駅を通っています。目黒駅から市ヶ谷、駒込駅などを通って赤羽岩淵駅までをつなぐ東京メトロ南北線には埼玉高速鉄道が乗り入れており、都心にも埼玉方面にもアクセスできます。都営三田線は、高島平方面から大手町を経由し目黒駅を結び、目黒駅から東急目黒線の日吉までつながっているため、東京都心方面や神奈川方面へのアクセスも良好です。
白金高輪駅前やその近くを、渋谷駅と田町駅を結ぶ都営バスや五反田行バスなどのほか、品川駅前を経由して六本木ヒルズ行き、新宿駅西口行き、赤羽橋駅行きなどのバスが通っています。港区コミュニティバス「ちぃばす」を利用すれば三田駅方面や品川駅方面へ行くことも可能です。近隣のホテルから羽田空港と成田空港駅行きの東京空港交通リムジンバスを利用することもできます。

白金高輪の生活情報

白金高輪駅周辺は、マンションやオフィスビルなどが大通り沿いに立ち並んでいます。しかし、一歩裏に入ると大使館、寺院なども点在する閑静な住宅地が広がっています。大型スーパーや商店、飲食店なども周辺にあるため、日々の買い物や外食にも便利です。白金高輪駅周辺には小学校、中学校、高等学校や大学などの教育機関も多いです。都心にありながら緑も多く、病院や金融機関などもあるため暮らしやすい環境が整っています。この辺りはもともと住宅地と多くの寺院がある地域で、今なお歴史を感じることができるのも特徴のひとつです。

白金高輪の観光スポット

・概要
白金高輪駅周辺は、赤穂浪士ゆかりの寺として知られる泉岳寺をはじめ、多くの寺院が残っているエリアです。歴史を感じつつ寺院巡りをするのもよいでしょう。そのほかにも、長い歴史を持つ学校などの教育施設や歴史的建造物なども数多く現存しています。

・泉岳寺
曹洞宗の寺院である泉岳寺は、赤穂四十七義士の墓があることで知られており、赤穂浪士記念館など境内には赤穂浪士ゆかりのものが多く残っています。泉岳寺は1612年に徳川家康によって外桜田に建てた寺院ですが、1641年に焼失し、その後現在の高輪に移されました。七堂伽藍を完備し、創建時より多くの僧侶が参学する叢林としても知られています。

・覚林寺(清正堂)
覚林寺は、1631年に日延上人によって開山された日蓮宗の寺院です。このお寺には加藤清正の位牌があり、江戸時代より「白金の清正公さま」と呼ばれ親しまれています。毘沙門天を祀っているため、山手七福神のひとつとしても知られています。