五反田駅の中古マンションの 物件一覧

五反田駅(山手線)の中古マンションをお探しの方へ。大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。五反田駅(山手線)の中古マンションの購入情報を提供します。

  • 検索条件

    指定なし

  • 都道府県
    指定なし
  • エリア・駅
    山手線 五反田

該当件数 12

ご希望の物件が見つからない、どう探せばいいかわからない方は、お気軽に電話やWEBでもご相談可能です。

本社インフォメーションデスク
売買専用ダイヤル

0120-988-264

本社インフォメーションデスク

売買専用ダイヤル

受付時間 10:00AM〜6:30PM 年中無休(年末年始除く)

お問い合わせ
  • 360°動画

    ぐるっと360°動画をネットで確認できます

  • 設備保証

    設備保証・24時間駆けつけサービス

  • インスペクション

    建物状況調査実施済み

周辺駅の売買物件

五反田駅の売買物件をこだわり条件から探す

五反田駅の売買物件(一戸建て・土地)・賃貸物件を探す

マンションデータブック

全国に分譲されている10万棟以上のマンション情報から売り出し中・貸し出し中物件の相場が確認でき、売却や賃貸運営の参考にできます。
また売り出し・貸し出しお知らせの予約、売却査定や賃貸運営などの各種お問い合わせができます。

五反田駅周辺の地域情報

・概要
五反田駅がある品川区は東京23区の南部に位置し、北は港区・渋谷区、西は目黒区、南は大田区と接し、東は臨海部の一部で江東区に接しているほかは東京湾に面しています。品川区は、西部の高台「大崎エリア」「荏原エリア」、東部の低地「品川エリア」「大井エリア」、最東部の新興埋め立て地「八潮エリア」の5エリアに大きく分かれています。

品川区を南北に第一京浜(国道15号)が走っており、第一京浜を境に東の臨海部は京浜工業地帯の一部として港湾施設や倉庫、オフィスビルなどが並ぶ地域です。一方、第一京浜を境に西から住宅地が増えはじめ、西部の高台にかけては昔ながらの住宅地です。なお、最東部の新興埋め立て地「八潮エリア」の海側の東半分は港湾施設や倉庫などとなっていますが、西半分は公園や緑が多い大規模団地となっています。

・由来や歴史
品川区域には6千〜7千年前の縄文時代早期頃から人々が暮らしていたようです。有名な大森貝塚のほかに、縄文時代前期〜晩期の貝塚や遺跡が品川区内でいくつか発見されています。奈良時代〜平安時代には交通の要所として官道の宿駅が設けられ、室町時代〜戦国時代には目黒川河口の品川湊が武蔵国の玄関口として栄え、大寺院が次々と建立されました。そして、江戸時代、東海道の最初の宿場「品川宿」が設置され大いに繁栄します。また、風光明媚な品川宿には江戸市中から多くの人々が訪れにぎわいました。

明治時代になると品川には早くから鉄道が敷かれ、官営ガラス製造所が建設されるなど、品川区域は近代工業化をリードし、京浜工業地帯の発祥地として発展していきます。1923年の関東大震災以降は田畑や住宅地が工場になり、さらに開発が進みます。第二次世界大戦のために品川区域は焼け野原になりますが復興を遂げ、現在は工場跡地の再開発により、新しい街が作られています。

五反田駅の地域情報

五反田駅には駅に直結して商業施設があり、スーパーマーケットや食品店、飲食店などが入居しています。駅の西側は桜田通り(国道1号)沿いを中心にオフィスビルや多くの飲食店が密集するオフィス街。大手企業の本社も複数あります。オフィス街を抜けると住宅地が広がります。一方、駅東側の繁華街を抜けた高台には高級住宅地が広がり、外国大使館や大規模な総合病院が点在するエリアです。

五反田駅の交通アクセス

五反田駅にはJR山手線、東急池上線、都営地下鉄浅草線の3路線が乗り入れており、鉄道各社間の乗り換えもスムーズです。特に、山手線は渋谷駅・新宿駅・池袋駅・上野駅・東京駅・品川駅などの主要駅をつなぐ都心の大動脈であり利用価値は高いです。都営浅草線は押上駅を経由して京成本線に直通運転をしており、浅草方面や成田空港方面へのアクセスにすぐれています。また、東急池上線は、五反田駅から品川区の荏原エリアや大田区の調布エリアといった住宅地を経由して大田区の蒲田駅をつないでいます。

さらに、五反田駅からは品川区内を経由して隣接する各区への路線バスも運行しています。駅西口からのバスは、目黒区の下目黒を経由する渋谷区の恵比寿駅・渋谷駅行き、武蔵小山駅や目黒区の学芸大学駅を経由する世田谷区の東急バス弦巻営業所行きなど西方面へのバスが中心です。駅東口からは、中延駅を経由して大田区の池上や神奈川県川崎市の川崎駅に向かうバス、港区の三田を経由して麻布十番駅・赤羽橋駅・六本木駅へ向かうバスなどが出ています。

五反田駅の生活情報

五反田駅にはスーパーマーケットや食料店などが入った商業施設が駅西口と東急改札口にあり、普段の買い物を済ませませることができます。五反田駅西側はオフィス街であることから、大手金融機関の支店や24時間営業の郵便窓口がある郵便局などがあります。また、徒歩圏内には区役所の出張所や年金事務所、警察署や税務署といった行政機関や総合病院もあり、いざというときには頼りになるでしょう。

文化面では、区立図書館やプラネタリウムなどが入った区の文化センターのほか、企業・学校のミュージアムが目白押しです。また、旧岡山藩池田家藩邸の庭園であった公園、旧薩摩藩島津公爵邸であった大学の本館など、昔の大名屋敷ゆかりの史跡もあり、散策を楽しむことができます。

五反田駅の観光スポット

江戸の郊外として栄えた品川区には、多くの藩の中屋敷や下屋敷などがありました。現在、これらの大名屋敷のほとんどは残っていませんが、五反田駅周辺の高台には大名屋敷の名残を見ることができる史跡がごく少数あります。ここでは代表的な大名屋敷跡の史跡2つをご紹介します。

・池田山公園
池田山公園は岡山藩池田家の下屋敷の奥庭だったといわれる庭園もとに整備された公園です。この一帯は1670年に池田家の下屋敷となり、明治時代になっても池田侯爵邸として使われてきましたが、大正時代末期から宅地化され縮小、その一部が現在の池田山公園です。土地の高低差を活かし、低地部は池を中心とした回遊式日本庭園で、高台部からのぞき見るような形に造られています。梅、桜、ツツジ、アジサイなどの四季折々の花や紅葉の美しさで有名です。

・旧島津公爵邸(清泉女子大学本館)
清泉女子大学の一帯は1737年に仙台藩伊達家の下屋敷になりましたが、明治時代になって旧薩摩藩主の島津公爵家の屋敷となります。現在の旧島津公爵邸は1917年に完成したイタリア・ルネサンス様式の洋館で、イギリス人建築家ジョサイア・コンドルによって設計されました。ステンドグラスやマントルピースなどはほぼ当時の姿のまま残されています。現在も大学の授業が行われているため、邸内や庭園を見るには見学ツアーに申し込むか、大学の一般公開行事の日をねらって出かける必要があります。

五反田駅(山手線)でご希望の中古マンションは見つかりましたか?大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。あなたのライフスタイルにあった五反田駅(山手線)の中古マンションの購入情報を提供します。

なお、賃貸物件をお探しの方は不動産賃貸のページをご覧ください。