秋葉原駅の中古マンションの 物件一覧

秋葉原駅(山手線)の中古マンションをお探しの方へ。大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。秋葉原駅(山手線)の中古マンションの購入情報を提供します。

該当件数 12

ご希望の物件が見つからない、どう探せばいいかわからない方は、お気軽に電話やWEBでもご相談可能です。

本社インフォメーションデスク
売買専用ダイヤル

0120-988-264

本社インフォメーションデスク

売買専用ダイヤル

受付時間 10:00AM〜7:00PM 年中無休(年末年始除く)

お問い合わせ
  • 360°動画

    ぐるっと360°動画をネットで確認できます

  • 設備保証

    設備保証・24時間駆けつけサービス

  • インスペクション

    建物状況調査実施済み

周辺駅の物件

秋葉原駅の一戸建て・土地・賃貸物件を探す

マンションデータブック

全国に分譲されている110,000件以上のマンション情報から売り出し中・貸し出し中物件の相場が確認でき、売却や賃貸運営の参考にできます。
また売り出し・貸し出しお知らせの予約、売却査定や賃貸運営などの各種お問い合わせができます。

秋葉原駅(山手線)でご希望の中古マンションは見つかりましたか?大京穴吹不動産では間取りや駅からのアクセス、部屋数などの切り口から中古マンションを検索できます。あなたのライフスタイルにあった秋葉原駅(山手線)の中古マンションの購入情報を提供します。

秋葉原駅周辺の地域情報

・概要
秋葉原駅のある千代田区は、東京23区の中の一つで、エリア内にはかつて江戸城が建っていた場所に建てられている皇居や日本武道館などがあります。一世帯あたりの人数は減少しているものの、人口や世帯数は1995年から増加傾向にあります。高い増加率を示しているのは若年・中年単身世帯ですが、ファミリー世帯も増加しています。
賃貸マンションについては2005年前後に、分譲マンションについては1980年と2003年前後に建てられたものが多い傾向があります。賃貸・分譲マンションともに、麹町や和泉橋に多いというのも特徴の一つです。

・由来や歴史
区の名前が「千代田区」となったのは、かつて区内にあった江戸城の別名が「千代田城」だったためです。もともとは麹町区と神田区に分かれていましたが、戦後に区の整理統合が行われ、その際に二つの区が合併することとなりました。
江戸城に近い場所だということもあり、区内には様々ないわれを持った坂が存在します。例えば霞が関にある「霞が関坂」は、もともと多くの関所が置かれていたことが、名前の由縁になっていると言われています。また永田町にある水坂は、赤坂御門の御水番役だった松平家が、この坂の上辺りに屋敷を構えていたことから、この名がつけられたと言われています。
千代田区を出身地とする歴史的な著名人には、小説家の武者小路実篤や随筆家の白洲正子などが挙げられます。

秋葉原駅の地域情報

秋葉原駅周辺は、家電量販店や飲食店など、数多くの商業施設が立ち並ぶエリアとなっています。2010年には駅ビルが完成し、より活気のある街となりました。商業施設の種類は様々で、書店やゲームセンター、ディスカウントショップやドラッグストアなどが立ち並んでいます。

秋葉原駅の交通アクセス

秋葉原駅はJR東日本、東京メトロ、そしてつくばエクスプレスが通るターミナル駅となっています。3社合計の1日の乗降人員数は、2015年度で約42万7,000人と、比較的利用者が多い駅といえます。
JR東日本は山手線や京浜東北線、総武線など、比較的乗車人数の多い路線が通っています。東京メトロは日比谷線が走っており、電車によっては東武線への直通列車に乗ることもできます。つくばエクスプレスは2005年に開業した路線で、筑波方面に向かう多くの人に利用されています。
秋葉原駅の東側には国道4号線が走っているほか、西側には国道17号線が走っているなど、車通りの多い国道が周辺に2ヶ所あります。また国道4号線の上には首都高速1号上野線が走っており、電車だけでなく車の往来も激しいエリアといえます。
電気街口にはタクシー乗り場が設けられているほか、東側にはバスターミナルもあり、鉄道・バス・タクシーともに利用者の多い駅となっています。

秋葉原駅の生活情報

秋葉原駅にはアパレルショップから飲食店、家電量販店など様々なお店が軒を連ねており、生活には困らないエリアといえます。ゲームセンターやカラオケなどの娯楽施設も多いほか、書店も多く、趣味や遊びのために秋葉原駅を訪れる人も少なくありません。 秋葉原駅の西側のエリアは、家電量販店や玩具取扱店が多い場所です。特に家電量販店が多いため、西側エリアの秋葉原駅の出口は電気街口という名前がついています。電気街有名チェーン店から、地元に根付いた家電量販店まで、様々な家電量販店が軒を連ねています。 一方東側は、オフィス街に連なっているということもあり、西側に比べて比較的落ち着いた雰囲気のエリアとなっています。駅周辺には飲食店が多いほか、神田川沿いには児童公園や区民館が置かれているなど、西側よりも、地元住民が利用することの多いスペースが多い傾向があります。 また、秋葉原駅のある千代田区は、保育園の拡充などを行っており、2016年度は待機児童0を達成しています。また、学童クラブの待機児童0も達成するなど、子育てが行いやすいエリアとなっています。

秋葉原駅の観光スポット

秋葉原駅周辺は歴史ある街ということもあり、商業施設だけでなく、寺社仏閣も多いエリアとなっています。また公園も多く点在しており、中には遊具が充実しているところや、広い敷地を確保しているところもあります。

・神田明神
1300年という長い歴史を持つ神田明神は、周辺地域の総氏神様として、地元の人々に愛され続けている神社です。江戸時代は江戸総鎮守の神社として、民衆だけでなく幕府からも崇敬されていました。御祭神は大巳貴命と少彦名命、平将門命の3柱で、縁結びや商売繁盛、除災厄除などのご利益があると言われています。

・和泉公園
秋葉原駅の東側に位置する公園です。敷地内は芝生が敷かれているので、子どもが公園内を駆け回ることもできます。遊具もあるので、休日に家族連れで過ごすにおすすめの公園だといえます。また、小学校就学前の子どもも水遊びを楽しめる「こどもの池」が設置されているのも魅力の一つ。監視員が開設中は常駐してくれているので、安心して子どもを遊ばせることができます。