DINKS(ディンクス)向けマンションでおすすめの間取りとは?

2018-03-30 19:48:21.0

  •  
DINKS(ディンクス)とは「Double Income No Kids」の略称で、夫と妻の両方に収入があり、子どもを持たない夫婦のことです。都心部を中心にDINKS世帯の数は緩やかに増加していることからDINKS向けマンションの数も増加していますが、DINKS世帯がマンションを購入する場合、どのような間取りを選べば良いのでしょうか。
今回は、DINKS世帯におすすめの間取りについてご紹介します。
 

DINKS夫婦は1LDKで十分?

DINKS向けの間取りというと、夫婦2人だけの生活であることから、くつろぎの場であるリビングダイニングと、寝室があれば十分と考える方も多いのではないでしょうか。
 
《1LDKがおすすめの場合》
子どもがいないからこそ2人で過ごす時間を重視する場合は、1LDKがおすすめです。リビングでくつろぐ時も、寝室で体を休める時も、自然と一緒に過ごすことができます。
 
また、1LDKの部屋が多いマンションの場合、子育て家庭の入居数は比較的少なくなります。子どもとの接触をできるだけ避けたいという理由でDINKS向けマンションを探す場合も、1LDKの部屋が多いマンションを探すと良いでしょう。
 
《1LDKでは十分でない場合》
一方、夫婦ともに仕事が忙しい場合は、1LDKの部屋はあまりおすすめできません。もちろん、リビングと寝室があれば日常生活を送ることは可能ですが、多忙で生活時間帯にズレが生じることのあるDINKS夫婦の場合、別にもう1部屋確保できる間取りを選ぶことをおすすめします。
 
また、夫婦のどちらかが自宅で仕事をする場合、間取りが1LDKだとリビングで仕事をすることになります。パートナーが外出中であれば問題ありませんが、2人とも家にいる場合、相手がテレビを見たり、音楽を聴いたりして、リビングでくつろぎたいと考えていることもあるでしょう。同じ部屋の中で1人が仕事をして、もう1人がくつろいでいる状況は、お互いに快適だとは言えません。
このような場合、リビングや寝室の他に書斎などの部屋を確保できる2LDK以上の間取りを選ぶことで、お互いのペースを乱すことなく、それぞれが自分のやりたいことをできます。
 

2LDKと3LDK、どちらが良いのか

「1LDKでは暮らしにくいかもしれない」と感じる場合、リビングと寝室に書斎などのもう1部屋を追加した2LDKが良いのでしょうか。それとも、より広い3LDKのほうが良いのでしょうか。
2LDKと3LDKのどちらが適しているのかは、「夫婦それぞれにプライベートスペースが必要なのか?」という夫婦の価値観やライフスタイルによって異なります。
 
《2LDKがおすすめの場合》
家で仕事をするのがどちらか一方のみの場合は2LDKを選び、2つの部屋を寝室と書斎にすることをおすすめします。独立した書斎があるため仕事に集中できますし、寝室は一緒のため2人で過ごす時間も確保できます。無駄な空間がないため、合理的だと言えるでしょう。
 
また、2LDKの間取りであれば、2つの部屋をそれぞれのプライベートルーム兼寝室とすることもできます。趣味のものを各部屋に置きたい場合や、結婚前のような距離感を保つことで2人の関係性を新鮮に保ちたい場合などは、このような間取りがおすすめです。
 
《3LDKがおすすめの場合》
2LDKで1部屋を書斎、もう1部屋を寝室とする場合、書斎も夫婦で兼用することになります。夫婦どちらかの帰りが極端に遅い場合や在宅ワークが多い場合は、書斎の利用頻度がどちらか片方に偏るため、不公平さを感じてしまうかもしれません。また、夫婦どちらも仕事の持ち帰りや在宅ワークが多い場合は、2人とも書斎を利用したいがために取り合いが起こる可能性もあります。
夫婦のどちらか、または2人とも自宅で仕事をする機会が多い場合は3LDK以上の間取りを選び、寝室の他に夫婦それぞれが個室を持つほうが良いかもしれません。
 

おわりに

DINKS向けマンションでおすすめの間取りは、夫婦2人のライフスタイルやライフプランによって異なります。
多くの場合、家ではゆっくりと1人の時間が取れ、同時に2人の時間も過ごすことができる2LDKがおすすめです。しかし、家にいる間はできるだけ2人で過ごしたいのであれば1LDKを、夫婦のどちらか、または2人とも家で仕事をすることが多い場合は3LDKを選ぶなどの選択肢もあります。
マンションにいる時間をどのように過ごすかに合わせて間取りを選んではいかがでしょうか。 

お問い合わせは総合ご案内窓口本社インフォメーションデスク

売買専用ダイヤル:0120-988-264 受付時間 10:00AM~8:00PM

メールでお問い合わせ

売却をご検討の方へ

ご所有不動産を無料で査定いたします。お気軽にご利用ください。

無料査定をする

買い替え時の不安をしっかりサポートいたします!

買い替えサービスのご紹介

設備機器の修理、解約など

  • 各種連絡先(設備機器の修理・解約)
  • 解約・更新の手続きについて

関連サイトのご案内

  • 沖縄に暮らそう 沖縄の中古・賃貸物件情報
-->

取引時確認に関するお客様へのお願い
(PDFファイル:107k)