相続税対策

  • 改正点のポイント
  • 相続税額の目安
  • 具体的な対策
  • 節税事例

相続は早めの対策が不要な争いを避け、課税額を減らすことにも!
相続対策は、身内で揉めないこと・課税負担を減らすことが重要です。相続対策には⼤きく分けて、納税資⾦の準備、節税対策、争族対策の3つがあります。早く始めるほど選択肢が広がり、効果が期待でき、残すべき資産を次世代に無理なく継承することが可能となります。

税額試算

対策前に、所有する財産を把握し、税⾦はどの程度かかるのか試算する必要があります。
これらを把握することによって、将来の問題点や現在の対策が⾒つかります。

財産評価

相続税の計算を⾏うためには、相続した財産の価格を⾒積もる必要があり、これを「財産の評価」と言います。相続税法では、地上権や定期⾦など、特定の財産については具体的な評価⽅法が決まっていますが、土地・家屋・有価証券など、大部分の財産については、相続や遺贈を受けた時点での時価によると決まっています。国税庁が財産評価基本通達や個別通達でその目安を公表しています。

贈与税

個⼈から財産(⼟地・建物・現⾦・宝⽯など)を贈与された場合に課税される国税で、贈与を受けた年の1月1日から12月31日までの1年間に譲り受けた財産に対して課税されます。
しかし、年間110万円以下の贈与であれば贈与税はかかりません。

納税資⾦対策

相続税の納付は、例外もありますが、原則現⾦での⼀時納付となっています。納税資⾦が準備できず何の対策も⾏っていないと、最悪財産を差し押さえられてしまう事態にもなりかねません。

下の図は、納税資⾦の準備と節税対策について、具体的な⽅法と相談すべき専門家を示したものです。

専門家

遺言作成

遺⾔とは、⾃分が⽣涯をかけて築き、かつ守ってきた⼤切な財産を次の世代に残す最後の「意思表示」です。⾃分がいなくなったあと残された家族はどうするのだろうか?お葬式は?誰に知らせる?
遺言書がないために、相続を巡って親族が争うことも少なくありません。こういった争族を無くすためにも、遺⾔書は家族へ残せる⼤切な意思表⽰なのです。

遺言書を作成するにあたり大事なことは、誰がどの財産を相続するのかによって、相続税が大きく変わってしまう場合があるということです。あらかじめ税理⼠に相談するなどして、税法上で定められた制度や特例の適⽤条件を正しく理解しておきましょう。

相続税専用ダイアル

メールでお問い合わせ

関連サイトのご案内

  • 沖縄に暮らそう 沖縄の中古・賃貸物件情報